派遣でも働ける!秘書の仕事と秘書の魅力とは


上司のサポートをする秘書の仕事内容とは

秘書の主な仕事は上司のサポートをすることです。自分が担当する上司の仕事の補佐をしたり、スケジュール管理もします。また直属の上司に関係する社員や取引先にも気を配る必要があるのです。また上司が行っている仕事の情報を漏らさないように注意したり、プライベートの情報を守ったりなど様々な仕事があります。上司がスムーズに仕事が出来るように常に気を配りながら作業をするのが秘書の役割です。来客が来たら部屋に通したり、お茶を出したりするのも仕事の一つです。

大きな企業になると秘書課や秘書室などの部署が設けられることもあり、複数の秘書で仕事を分担します。始めから秘書として採用される場合や異動で秘書になった人、さらに派遣で秘書として働くなどのケースもあるのです。

派遣で秘書として働く方法やメリット

秘書になるためには企業の社員として採用されて秘書課に配属になる方法の他に、派遣会社に登録して秘書として配置されるやり方もあります。派遣会社に登録するのは無料で、就職するのは登録した派遣会社となります。お給料なども派遣会社から頂く仕組みです。仕事の指示などは派遣先の上司に従い、その会社のやり方に合わせて仕事をします。一人ひとりに担当者が付くことも多く、面接や賃金の交渉などにも同席してくれます。

派遣会社を利用して秘書として働くメリットは、自分の希望の会社で働ける可能性が高いことです。秘書として就職するのは難しい企業でも派遣会社なら比較的簡単に働けるのです。憧れの企業で働きたいなど希望を叶えられることがあります

秘書の派遣とは、「グループ秘書」と「個人秘書」があります。一般的に多いのがが個人秘書です。数人で行うのがグループ秘書です。

社長の秘書の派遣を読む