実力主義?外資系企業で働くメリット・デメリット


実力に見合った報酬を受け取れる

外資系のイメージと言えば、実力主義で成果に見合った報酬という印象が強いのではないでしょうか。これは概ね間違っておらず、働きに見合った成果を受け取れるためやりがいを感じられることは間違いありません。反面、厳しい競争の中戦うことになるので、成果を挙げられないと思うような報酬を受け取れない可能性は大いにありえます。実力主義というとメリットばかりに目が行きがちですが、それに伴うデメリットにもきちんと目を向けておきましょう。ただし、成果次第では一般的な企業では考えられないほどの給与を受け取れる可能性もあります。

仕事とプライベートを切り分けて働ける

今の職場では、上司との関係や横の繋がりを重視しなければならず、何となく働きづらいと感じている方も多いでしょう。外資系企業はある意味サバサバとしている職場なので、こうしたプライベートまで関係を持たなくてはならない距離感からは離れられます。仕事とプライベートはキッチリ分けたい、仕事は仕事として頑張りたいという方は、外資系企業が向いています。

比較的自由に働きやすい

個人の成果が重視されるということは、比較的自由に動きやすいということでもあります。上から抑圧されて働く必要がないため、思うように行動をして成果を求めることができるのです。勤務時間などもゆとりを持って計算されていることが多く、自分で考えて動きたい方にはピッタリの職場でしょう。服装に関しても特に規則を設けていないケースが多く、見た目にも自由が約束されている企業と言えます。

外資 ITの求人は、インターネットや求人誌にも掲載されていますが、ヘッドハンティングや知人の紹介などもあるようです。